スポンサーリンク

【麻布テーラー オーダーシャツ】カッタウェイでいこう

定期連載となりつつある麻布テーラー記事です。

今回は、7月のオーダーシャツフェアで作成した2着が仕上がったので、そのご紹介です。

下の2つの記事も併せてご覧いただくと、何かと捗ります。

【オーダーシャツに関する記事はこちら】

【オーダーシャツのレビューはこちら】

今回は襟をカッタウェイにしてみた

今まではビジネス用シャツの襟型としては定番のセミワイドで作っていました。

ネクタイをしているときはセミワイドで何の問題もありません。

ただ、クールビズ期間中第一ボタンを開けてノーネクタイで過ごしていると、どうも襟の形が気になっていました。

そこでクールビズ用に襟型をカッタウェイに変更してみました。

カッタウェイとは

カッタウェイカラーとは、襟先が180度ほど開いた襟型のことです。

首周りがもたつかないので、ノータイでもスッキリした印象にまとまります。

ノーネクタイのクールビズには持ってこいというわけです。

レビュー

わかりやすいようにセミワイドとの比較画像をのっけます。

白のブロード:カッタウェイ
ストライプ:セミワイド

となっています。

平置き

この時点ですでに襟の開き具合が違うのがおわかりいただけると思います。

セミワイドに比べ、カッタウェイの襟の剣先部分がより肩に近い水平方向に開いています。

着用(ノーネクタイ)

第一ボタンを外した状態で着用しています。クールビズ期間中はこういった状態の人が多いのではないでしょうか?

ノーネクタイ時はカッタウェイの方がスッキリしています。

この写真ではわかりにくいですが、セミワイドは着用時間が長くなると高さが潰れてきてベチャっとしてきます。

まさに、クールビズ用のシャツとしてはオススメです。

着用(ネクタイあり)

個人的に良いなと思ったのが、ネクタイ着用時。

もっと違和感があるかなと思っていましたが、なかなかどうして様になっています。

写真を取るためにちょこっと着用しただけなので、長時間ネクタイをしめた時にどうかわかりませんが気に入っています。

まとめ

クールビズが終了して、ネクタイ・ジャケット着用時のバランス次第ですが、今後は少しずつカッタウェイで作っていこうかと思案中です。

色々と冒険していって自分に合うものを見つけていくのもファッションの楽しみですよね!

普段のシャツから少し変化をもたせたい方はカッタウェイに挑戦してみてはいかかでしょうか?

以上、「【麻布テーラー オーダーシャツ】カッタウェイでいこう」をお送りしました。

つづく

スポンサーリンク

★ 記事がお役に立ったらシェアお願いします ★

Milliard