僕がヒートテックをやめたたった一つの理由

スポンサーリンク

ユニクロのヒートテックが冬の定番インナーとなって、久しい今日この頃
皆様いかかがお過ごしでしょうか?

最近、ヒートテックに疑問を抱き始めたマコト(@oshasma)です。

今まで散々お世話になってきておいて、今更なのは十分承知の上なのです。
しかし、少し僕の話にお付き合いいただけると幸甚です。

ヒートテックかゆい問題

ヒートテックはほとんどが化繊でできています。
化繊は肌が弱い人にとって良くないと言われています。
また、汗を吸収して暖かくしているため、必要以上に水分を奪ってしまい乾燥肌になる可能性もあります。
これがかゆみの原因となるんですよね。

2年前まで僕はヒートテックのインナー上下を着ていました。
しかし、足のかゆみがひどいので2年前にタイツは卒業しました。
上半身は特にかゆみはなかったので、そのまま継続していたのですが・・・

冬の地下鉄暖房効きすぎ問題

きっかけはこれです。大阪市営地下鉄御堂筋線、めっちゃ暑いです。
家から駅までチャリで10分かならない程度なのですが、電車に乗ると額から汗が・・・
これがたまらなく不快なんです。

そもそもヒートッテクの原理は、体から蒸発する水蒸気を繊維自体が吸収し、熱エネルギーに変換。すると素材自体が暖かくなり、寒さを感じにくくなるというもの。
汗をかいた状態で着ていると、さらに繊維が発熱し暑くなる。
 
まさにオーバーキル状態
 
もちろん肌着のなので、簡単に脱いだりできません
この辺りで、もうヒートテックやめようかなと思い始めました。

ヒートテックは必要か問題

で、考えたのがこれ。
本当に僕の生活において、ヒートテックは必要なのかということ。

僕の場合、内勤なので外に出ている時間は家から駅、駅から会社までの間のみ。
時間にすると片道20分かからないです。

このわずか片道20分の防寒のために、電車内で汗をかいたり、かゆくなったりして不快になる必要があるのだろうか
 
いや、ない(即答)
 
思わず反語法を使っちゃうぐらい、必要ないんですよね

というわけで、3月に入ってからヒートテックはやめました。

ヒートテックに代わるもの

3月に入って徐々に気温が上がってきたこともあり、いわゆる”あったかインナー”を新しく購入することは見送りました。
現在は夏場にも使用しているエアリズムを着ています。

で、肝心の体感温度なのですが
 
ほとんど変わりなし
 
特別寒く感じることはないです。
僕の温度感知機能がバカになっている可能性も否定できませんが(笑)

とりあえず電車内で額から汗を流すこともなくなり、今のところは快適に過ごせています。

まとめ

僕の生活スタイルからいうと、ヒートテックは過剰装備のようです。
そもそも”あったかインナー”自体が、僕の生活スタイルに必要なのかも不明です。
冬に向けて通勤用防寒具を考えるでも紹介した”ホットコット”は結局買えずじまいだったのですが、来シーズンは1枚は買ってみようと思っています。その上で、”あったかインナー”の必要性を検討したいと思います。

今まで盲目的に冬のインナーはヒートテックを着ていましたが、「過ぎたるは猶及ばざるが如し」のことわざ通りですね。

みなさんも冬のインナーを今一度再考してみてはいかかでしょうか??

つづく

コメント