革靴は月1で手入れしよう!【お手入れ方法&お手入れセット大公開】

スポンサーリンク

革靴は手入れ次第で20年は持つ

どうも、先日新たな革靴を購入したマコト(@oshasma)です。

それなりの革靴を購入すると、お手入れ方法が気になりますよね。

僕が月1で実跡しているお手入れ方法を紹介したいと思います。

日常のお手入れ

とその前に、皆さんは1日履いた革靴はどうされてますか?
革の天敵は汚れ・水分の2つです。ですので、日常のお手入れはこの2つの対策だけでOKです。

日常のお手入れはたったこれだけです。

月1のお手入れ

「過ぎたるは猶及ばざるが如し」ということで、手入れのしすぎも革にとって良くないようです。ってなわけで、心理的な負担も少ない月1でのお手入れをおすすめします。

今回、モデルとなってくれる子です

 
つま先あたりに傷がありますね

 

お手入れを始める前段階として、靴紐は外しましょう。
また、シューツーリーは入れたままの方が扱いやすいです

STEP1 ブラッシング

まずは日々のお手入れと同じでブラッシングです。砂・埃を落としてあげましょう

STEP2 汚れ落とし

使用するアイテム


 
革靴の手入れには「使い古したTシャツを!」という記事をよく見ますが、そんな都合よく使い古したTシャツはないので不織布を使用しています。
不織布はいろんなものに使用できるので、1つ持っていると便利ですよ!1枚当たり20円もしないので経済的です!

そんな不織布にステインリムーバーを染み込ませて優しくふき取ります。


片側だけで、これぐらい汚れが取れます

リムーバー使用後

ツヤがなくなっているのがわかるでしょうか??

STEP3 クリームの塗布

  • ペネトレイトブラシは歯ブラシでも代用可能。(色ごとに分けておくこと推奨)
  • シュークリームは革靴の色に合わせて各色用意してもいいですし、最悪ニュートラル1色でもOKです。ただし、ニュートラルの場合は補色できないので、注意!
    (僕はニュートラルとブラックを持っています)
  • デリケートクリームは特に革が疲れているなと思った時のみ使っています。

次はシュークリームを使用して、革に栄養を与えてあげます。
(デリケートクリームを使用する場合は、シュークリームを使う前に塗布しておいてください)

ペネトレイトブラシの先端にポンポンっとシュークリームを少量取って、革に塗っていきます。
少量でも十分伸びます。つけすぎ注意!!


円を描くように塗り込んでいきます

STEP4 クリームを馴染ませる

クリームを馴染ませる際に使うブラシは、ハリのある豚毛ブラシを使いましょう。
この作業が一番楽しいです!なんてったって、磨くたびにツヤが出てきますから!!

ブラッシング後

靴紐を通して完成です!

まとめ

時間にして両方やって20分ぐらいです。テレビ見ながら、音楽聴きながらやったらあっという間です。
自分で手入れをすると愛着がわきますし、ピカピカになった靴を見るとまた1週間頑張ろうという気も起きてきます。
 
おしゃれは足元からですよ!!
 
革靴に限らず、革製品は経年変化を楽しむもの。ちょっとした手入れで10年、20年と使えるのなら初期投資はかかったとしても長い目で見たらコスパはいはずです。
ちょっといいものを長く使う、そういうダンディーな人間に私はなりたい・・・

つづく

コメント