スーツに合わせるオシャレな革靴

そろそろ新しい革靴が欲しくなってきたので、革靴を考えます。

最近は、いいものをメンテナンスしながら長く使うという考えの下、ものを購入するように考えています。(これは靴に限らずですね)

結局そっちの方が初期費用は高くなるけど、トータルで考えると安くつくのではと思うのです。
また、自分でメンテナンスすることで物自体に愛着がわきますしね。
そういう考え方ってかっこいいと思います(自画自賛)

基礎知識

まずは靴の扱いから。

ローテーション

なるべく革靴はローテーションを組んで、同じ靴を連続で履くことがないようにしましょう。
1日履いたら、最低でも2日以上は間を空けて休ませてください。
1日履いた靴は思った以上にダメージを受けていますし、汗を吸収しています。
連続で履いちゃうとダメージが蓄積され、痛みが早くなります。
また、汗を吸収しているので、臭いなど衛生面でもよくないです。

月〜金に履くことを想定すると、最低でも3足は揃えたいですね。
余裕のある人はプラスで雨の日用に1足あると便利です。

手入れ

日々のメンテ

毎日のことですから、そんなに面倒くさいことはしないです。
帰ってきて靴を脱いだらブラシをかけて、シューキーパーに入れる。
これだけです。

毎日のブラッシングはホコリや泥などの軽い汚れを落とすためです。
ブラシは柔らかい馬毛が適しています。

シューキーパーは形状維持・乾燥・脱臭などに期待できます。
乾燥・脱臭のために、やはり木製のものをお勧めします。

月1のメンテ

クリーム等を利用して、革に栄養を与えてあげましょう。
ネット等では週1だったり、月1だったり色々情報がありますが、とりあえず僕は月1で実践。

必要なもの

汚れ落としのステインリムーバー

乳化性の靴クリームで栄養を与える

無色(ニュートラル)があればどんな色の靴にも使えますが、補色のために靴の色に合わせたクリームがあった方が便利です。

余分なクリームを落とすためのブラシ

こちらは普段のメンテ用の馬毛と違い、コシのある豚毛を使用した方がツヤが出ます。
靴クリームを色で分けるなら、こちらのブラシも色ごとに分けた方がベターです。

最後の仕上げに使い古したTシャツや破れたストッキングを使用します。
そんな都合の良い布がない方は、不織布お勧めです!

保管から掃除まで汎用性高いです

あれば便利

ペネトレイトブラシ

デリケートクリーム

革靴の種類

内羽根式(オックスフォード)

photo by : FRAME

photo by : FRAME

靴ひもを通す穴の部分(羽根)が足の甲より前のアッパーに潜り込んでいる。

クラシックな見た目でスマートです。

ただし、羽根の部分があまり開かないため、締め付けの調整がしにくいです。

 

外羽根式(ダービー)

photo by : FRAME

photo by : FRAME

羽根の部分が甲の上にのかっている。

少しスポーティーでカジュアルな印象。

羽根の部分が開くので着脱しやすく、締め付けの調整はしやすいです。

 

モンクストラップ

photo by : FRAME

photo by : FRAME

外羽根式の一種。

修道士(モンク)が考案した、外側に大きなバックルがついたタイプ。

ストラップの数によりシングルとダブルの2種類がある。
(写真はダブルストラップ)

着脱が楽。

フォーマル度は低め。

 

革靴のデザイン

ストレートチップ(キャップトゥ)

photo by : FRAME

photo by : FRAME

つま先の部分に横一文字の縫い目があるタイプ。

海外ではキャップトゥとも呼ばれます。

最もフォーマルな形で、ビジネスから冠婚葬祭まで幅広く使えます。

最初の1足は黒・内羽根式・ストレートチップをお勧めします。

 

プレーントゥ

photo by : FRAME

photo by : FRAME

つま先などになんの装飾もされていないタイプ。

外羽根式だとややカジュアル、内羽根式だとフォーマルにも使用可能。

フォーマルさでいうと、ストレートチップに次ぐ2位。

 

ウィングチップ

photo by : FRAME

photo by : FRAME

つま先に鳥の羽(ウィング)のような装飾があるタイプ。

メダリオン(つま先の装飾)やパーフォレーション(甲の部分にある大小の穴飾り)という装飾も一緒に施されていることが多い。

カジュアル向け。

服装の規定のゆるい会社ならビジネスでも使用できるかな?

 

Uチップ・Vチップ

photo by : FRAME

photo by : FRAME

つま先の部分でU字(V字)に縫い付けてあるタイプ。

靴に厚みを持たせることができる縫い方なので、幅広や甲高の人の足にもフィットしやすい。

ドレッシーだがややカジュアルより

 

その他

ローファー

photo by : FRAME

photo by : FRAME

よくJKが履いてるやつ。

靴ひもがなく簡単に脱ぎ履きできる。

「ローファー」とは怠け者の意味(笑)。

「ペニー・ローファー」や「タッセル・ローファー」などデザインの豊富。

こちらも、服装の規定のゆるい会社ならビジネスでも使用できるかな?

 

サイドゴアブーツ

photo by : FRAME

photo by : FRAME

靴ひもではなく、ブーツの両側面に施されたゴムで調節するブーツ。

くるぶし丈で脱ぎ履きしやすい。

古くは乗馬用に使われていたが、ビートルズが使用したことによりチェルシーブーツとも呼ばれる。

スマートなフォルムなので、色や装飾に気をつければビジネスでも可。

 

チャッカーブーツ

photo by : FRAME

photo by : FRAME

プレーントゥで紐部分の穴が少ないタイプ。

ブーツ入門によくお勧めされている。

ドレスにもカジュアルにも、スーツにも合うので1足は欲しい。

 

あれ、結構長くなってしまったな

つづく

【関連記事】

スーツに合わせるオシャレな革靴 後編