俺的スーパー戦隊の名乗り5選

スポンサーリンク

子供の頃の好きな色は

どうも、戦隊に影響受けまくりマコト(@oshasma)です。

みなさん、一度はスーパー戦隊に触れたことがあるのではないでしょうか?

今回はそんなスーパー戦隊の中でも、「名乗り」に焦点を置いて記事を書いて見ました。

それではいってみましょう!!

科学戦隊ダイナマン (1983年)

「爆発!科学戦隊ダイナマン!」

戦隊の名乗りシーンでは後ろで爆発のイメージを定着させた偉大な戦隊です。

「爆発!科学戦隊ダイナマン!」の名前に違わぬ爆破ぶりです。

1話から今の戦隊では考えられないくらいの火薬使用量です。全話通して一体何トンの火薬が使用されたのでしょうか(笑)

ゴーカイジャーがダイナマンに変身した時は、名乗りを上げた時の爆発で戦闘員を倒すという荒技(?)を披露していました。

五星戦隊ダイレンジャー (1993年)

「天に輝く五つ星 五星戦隊ダイレンジャー」

リュウレンジャー 天火星・リョウ
シシレンジャー 天幻星・ダイゴ
テンマレンジャー 天重星・ショウジ
キリンレンジャー 天時星・カズ
ホウオウレンジャー 天風星・リン
天に輝く五つ星 五星戦隊 ダイレンジャー

個人的に一番好きな名乗りの戦隊です。とにかく1人1人の名乗りポーズがキレッキレです。

47話ではそれぞれの役者さんが変身せずに名乗りポーズを披露しますが、そこでもキレッキレです。

また、名乗りの大きな変化として戦隊のキャッチフレーズが初めてつきました。ダイレンジャーの場合は「天に輝く五つ星」です。

特捜戦隊デカレンジャー (2004年)

「SPD デカレッド デカブルー デカグリーン デカイエロー デカピンク 特捜戦隊デカレンジャー」 

変身直後の数え口上が好きなんですよね。

一つ!非道な悪事を憎み!
二つ!不思議な事件を追って!
三つ!未来の科学で捜査!
四つ!よからぬ宇宙の悪を!
五つ!一気にスピード退治!
SPD
デカレッド
デカブルー
デカグリーン
デカイエロー
デカピンク
特捜戦隊デカレンジャー

桃太郎侍リスペクトなのでしょうか(笑)?

「特捜戦隊」と「デカレンジャー」の間に挟まれるサイレンの効果音もカッコいいポイント。

中でも一番好きなのは「百鬼夜行をぶった切る!地獄の番犬 デカマスター」です。

炎神戦隊ゴーオンジャー (2008年)

「正義のロードを突き進む 炎神戦隊ゴーオンジャー」

マッハ全開 ゴーオンレッド
ズバリ正解 ゴーオンブルー
スマイル満開 ゴーオンイエロー
ドキドキ愉快 ゴーオングリーン
ダッシュ豪快 ゴーオンブラック
ブレイク限界 ゴーオンゴールド
キラキラ世界 ゴーオンシルバー
正義のロードを突き進む 炎神戦隊 ゴーオンジャー

とにかく勢いとノリがいい名乗り。しかし、いつ見てもゴーオングリーンはいつかずっこけそうなポーズ(笑)

個人的には「正義のロードを突き進む」と「炎神戦隊ゴーオンジャー」の間に入る回し蹴り?のアクションが好きだったりします。

第1話では3人戦隊。その後グリーンとブラックが加入するので、この2人は最初の3人と細かなデザインが違っていたりするんですね。

あと、ゴーオンシルバー役の杉本有美がタイプって言うのは内緒

侍戦隊シンケンジャー (2009年)

「天下御免の侍戦隊 シンケンジャー 参る」

こちらは打って変わって、シンプルな名乗りです。

シンケンレッド 志葉 丈瑠
同じくブルー 池波 流ノ介
同じくピンク 白石 茉子
同じくグリーン 谷 千明
同じくイエロー 花織 ことは
同じくゴールド 梅盛 源太
天下御免の侍戦隊 シンケンジャー、参る

レッドが殿様で他の4人は家来という明確な主従関係がある珍しい戦隊。(ゴールドはちょっと違うけど)

というわけで、「天下御免の〜」の際はレッド以外跪いています。

細かいところですが、シンケンジャーの特色が現れているいい演出ですね。

まとめ

海外では「どうして敵は名乗りを上げている時に攻撃しないんだ」と、至極真っ当な意見からなかなか受け入れられなかった「名乗り」。元ネタは歌舞伎の「白浪五人男」と言われています。日本人にとって「名乗り」は江戸時代から馴染みのあるものなんですね。

たまには童心に帰ってスーパー戦隊を見るのもいいですよ!

以上、【俺的スーパー戦隊の名乗り5選】でした。

つづく

 

スーパー戦隊シリーズを見るには、Amazonプライムビデオがオススメです。

秘密戦隊ゴレンジャーから特命戦隊ゴーバスターまで視聴可能です。

 

コメント