万年筆ユーザーにオススメ!マルマン製【Mnemosyne(ニーモシネ)ノートパッド】

新米万年筆ユーザーのマコト(@oshasma)です。

万年筆を購入してから、いろいろと紙に書きたい欲求は深まるばかり…

ちょっとしたToDoリストやブログネタなどは文庫サイズのMDノートに書くのですが、ちょっとした勉強や仕事で使う時はもう少し大きい方が良い

というわけで、Amazonで良さげなやつをポチってみました

【関連記事】

万年筆初心者による万年筆の選び方 【準備編】
万年筆初心者による万年筆の選び方【購入編】

マルマン Mnemosyne ノートパッド A4

購入したのはこちらの商品

表紙をめくるとこんな感じです。

左側にファイリングポケット

右側にメモパッドが配置されています。

5mm方眼ノート

罫線も濃くないので、図を描いたりする時にも邪魔にはならなそうです。

文字を書く時は縦を揃えたい人なので、5mm方眼が一番使いやすくて好きです。

レイアウト

上部に日付とタイトルを書く欄があります。

視認性はいいのでしょうけど、ちょっと大きすぎるかな…

ちょうど上部の黄色い神との境目にミシン目があるので、綺麗に切り取ることが可能です。

便利なファイリングポケット

切り取ったメモはもちろんの事、配布された資料なんかもちょこっと挟んでおけますね。

スリットにはいただいた名刺なんかも差込めそうです。

僕が購入したのはファイリングポケットが1つのバージョンですが、5つのバージョンもあります。

万年筆との相性

問題なしです。

文字のにじみや、裏抜けなどは確認できませんでした。

書き味もひっかかることなく、スラスラ書けます。

注意点

ここまでは Mnemosyneのいい点を書いてきましたが、ここからは気になる点を

サイズ

ノートパッドの上にA4の紙を置いてみました。

A4サイズよりもノートパッド本体は一回り大きな作りになっています。

切り取ったメモのサイズがA4なので、本体はそれより大きくなっちゃうんですね

カバンのサイズによっては入りきらない可能性がありますのでご注意ください。

値段

メモパッドは交換可能なのですが、このメモパッドお値段がそこそこします。

現在(2017/5/25)Amazonで約700円ほどで販売されています。

70枚綴りなので、1枚当たり約10円ですね。

万年筆に相性のいい紙となると、高品質な紙になってしまうので他の商品を選んでもそこそこしてしまうんですがね

まとめ

万年筆で書くのが大好きだ!っていう人には超絶オススメです

本体サイズと価格が少し気になる点ですが、それを差し置いてもいい商品だと思います。

あなたの万年筆ライフのお供にいかがでしょうか??

つづく

交換用

上質感を演出したPU製のノートパッド

こちらも使ってます