ニコンの超広角レンズのオススメを探す

スポンサーリンク

どうも!7月にキャンプを控えているマコト(@oshasma)です

せっかくキャンプに行くのだから、星空なんか撮影したいなぁとか思っています。

しかし、僕にはまだ18-140mmの標準レンズしか手持ちがありません。

【関連記事】

【初心者】Nikon D7200【一眼レフ】

長い間ずっと超広角レンズがほしいと思いながらも、なかなか決めきれずにいます。

まあ、この間が楽しかったりするのですが(笑)

いろいろ調べて、自分へのオススメを探してみました。

僕と同様に、超広角レンズの購入で迷っている初心者の方!

一緒にレンズ沼にハマリましょう!

超広角レンズについて

フルサイズの場合ですと、焦点距離が24mm以下になると超広角と呼ばれるようです。

APS−Cですと焦点距離は1.5倍になるので(キヤノンは1.6倍)、だいたい16mm以下が超広角となります。

人間の視野を超える範囲を撮影できるので、風景を撮影するときなどに重宝します。

僕は主に風景を撮影しているので、ずっとこの超広角レンズが気になっています。

購入候補

世の中にはいろんなレンズがありまして、それを見ているだけでもウキウキできるのものです。

しかし、そんなことをしていては一向に決めきれません。

購入条件

購入にあたって、僕が希望する条件を提示しておきます。

僕と同じように超広角に悩んでいる初心者は、同じような条件かなぁと思います。

【必須】

  • 金額は安いもの(〜5万円くらい)
  • 広角側は10mmから
  • レンズフィルターが取り付け可

【できればあったほうが良い】

  • フルサイズにも対応
  • F値の小さいもの
  • 軽量なもの
  • 手振れ補正

【こだわらない】

  • 純正であること

僕が選んだオススメ3選

上の条件の満たすものの中で、個人的な購入候補を紹介します

AF-P DX NIKKOR 10-20mm f/4.5-5.6G VR

ニコンDXフォーマット(APS−C専用)の新型超広角レンズです。

発売は2017年6月30日からとなっています。

【good】

  • 純正の安心感
  • 最新型である
  • 軽い (230g)
  • 手振れ補正あり
  • 安い (2017/6/2 Amazon 40,500円)

【not good】

  • レビューがない
  • F値4.5始まりは少し暗い??
  • 一部対応していない機種がある

軽い・安い・安心と3拍子揃ったニコンの新型レンズ。

普段使いには良さそうですが、星空の撮影には少し暗いかなと言った印象。

10-24mm F/3.5-4.5 DiⅡ VC HLD (Model B023)

サードパーティーメーカーのタムロンの新型超広角レンズです。

こちらは2017年3月に発売されています。

【good】

  • 数は少ないものの、評価は良さそう
  • 最新型である
  • 手振れ補正あり
  • F値3.5始まり

【not good】

  • タムロンには当たり外れがあるらしい…
  • 少しお高い (2017/6/2 Amazon 54,092円)
  • 少し重い (440g)

ギリギリ予算内に入るタムロンの新型レンズ。

レビューもそこそこ評判が良いようで、購入候補筆頭だったりします。

SIGMA 10-20mm F3.5 EX DC HSM

サードパーティーメーカーのシグマの超広角レンズです。

設計は古いものの、レビューの数も多く評価も高いです。

【good】

  • ネットでの評価が高い
  • お値段そこそこ (2017/6/2 Amazon 43,699円)
  • F値3.5始まり

【not good】

  • 設計が少し古い(2009年発売)
  • 重い (520g)
  • 手振れ補正なし

設計の古さと重量に目をつぶれば素晴らしいレンズ。

F値も通しで3.5と明るい。

まとめ

3つまで絞りましたけど、まだまだ悩んでいます。

標準域のレンズでは表現できない強烈なパースのついた写真を撮りたい!

広角レンズでまだ見ぬ世界を体験したい!

悩みは尽きません。

つづく

コメント