【一眼レフ】初心者がオススメするカメラグッズ【11選】

スポンサーリンク

近々京都に紅葉を撮影に行こうと思います。

そこで、一眼レフ初心者にオススメのカメラグッズを紹介しようと思います。

マスト

カメラ購入と同時にお買い求めください。

SDカード

これがないとせっかく撮影したデータを保存できません。

容量

容量の選び方ですが、大は小を兼ねるのでできるだけ容量の大きいもを使ったほうが良いのではないでしょうか。
少なくとも16GB、できるなら32GBが理想ですね。
jpeg+RAWで撮影した場合、写真1枚で約30MBぐらいになります。
16GBだと約500枚、32GBだと約1000枚になりますね。
気づいたら同じ被写体を100枚近く撮影してることもあるので、余裕があったほうが安心です。
容量不足で撮影できないなんて悲しすぎますからね(特に出先の場合)・・・
1GBあたりの単価で考えても、容量の多いほうがお得になります。

スピードクラス

転送速度は早ければ早いほうが良いです。
class10と書いてあるものを選択しましょう。
転送速度は連写する際に威力を発揮するので、そこまで連写を多用しない方なら30MB/秒あれば良いと思います。

液晶保護フィルム

人によっては、ベターに降格するかもしれないですね
カメラの背面液晶を保護してくれます。
液晶画面が傷ついたり、汚れてからでは遅いです。
カメラの機種によって液晶サイズが違うので、その点は注意が必要です。

レンズ保護フィルター

レンズに傷が入ってしまえば写真にも写り込んでしまいます。
特に最初はレンズ1本だけという状況も多いでしょうから、レンズには細心の注意を払ってあげましょう。
こちらもレンズの大きさによって保護フィルターも変わりますので注意が必要です。

レンズペン

お手軽クリーニング用品。
うっかりレンズ面を触ってしまうこと、多々あると思います。
慌ててそこらの布で拭いたら指紋が広がったり、細かな傷がついてしまいます。
そんな時にはこいつの出番です。
キャップを外してセーム革のチップで拭くと驚くほど綺麗になります。

ブロワー

カメラ本体やレンズについたホコリをぶっ飛ばしてやります。
レンズペンでレンズを拭く前に、大きなホコリなどはこいつを使って取り除きましょう。
大きい方が便利です。

ベター

なくてもなんとかなるんだけどなぁ、でもあったほうが便利やんなぁ・・・ってアイテム

ストラップ

おそらく一眼レフを買ったら付属品でついてくると思います。
メーカー名がデカデカと書かれたやつが(笑)
機能性や、見た目重視で自分の色を出したらいいと思うよ

商品を取得できませんでした。存在しないASINを指定している可能性があります。

インナーケース

千四のカメラバッグもいいのですが、いかんせん高い・ダサいの2重苦。
なので僕はインナーボックスを買って、小さめのショルダーバッグに入れ即席カメラバッグにしています。

商品を取得できませんでした。存在しないASINを指定している可能性があります。

とりあえずこちらのインナーケースを買いました。
D7200本体とレンズ2本は入りそうです。

ショルダーバッグは自分の好みで選べるのでいいですね。
こちらはインナーケースがぴったり収納できました。

ドライボックス

カメラやレンズの保管に。
以外とカメラって湿気に弱いみたいです。
頻繁に使って太陽の光が当たっているとカビたりはしないようですが・・・
レンズなどが増えてきた際には必要になってくると思います。
大きめのほうがいいかもしれないですね

商品を取得できませんでした。存在しないASINを指定している可能性があります。

余裕があれば

最初は使う機会少ないかも

三脚

風景メインの僕が、今欲しいもの。
ただ、この商品も奥が深そう・・・
今僕が狙っているのはこれ


2万オーバー・・・

リレーズ

三脚と組み合わせて使うことが多いみたいです。
シャッターの延長コードてきなやつで、ブレるリスクを抑えられます。
連写しっぱなしや、シャッター開けっぱなしにできる。

交換バッテリー

正直、今のところは必要性を感じていないです。
ただ、旅行なのど長期の外出や、星空撮影などを考えているならあったほうが良いと思います。
純正は高いですので、サードパーティ製で評価の良いものを選びましょう。

まとめ

以外とカメラ本体以外にもお金かかります・・・
購入の際には十分予算を組んでください。

と言っても、マストで挙げたもの以外は必要に応じてと言った感じでいいと思います。

つづく

コメント